借地権トラブル

借地権のトラブルは多々あります。どんなものがあるか、挙げてみましょう。

建物の登記簿上の所有者と借地契約書上の賃借人が違う、地代の振込名義人、借地契約上の賃借人が違う、借地人に相続税が発生しても相続人がいないので相続登記が無理、借地契約書がない、借地契約書はあるけれども建物の登記がない、土地の上に建物が複数、隣家との借地境がわからない、借地権者の家の埋設管が他の借地権者の家に入っている、借地権付きの建物を処分したい等があります。

トラブルこのようなトラブルは賃借権に関わるものも多く、上記では、「建物を処分したい」がその例になります。この場合、地主の承諾が要りますが、地主が承諾しませんので、なんとか第三者に入ってもらって少々妥協の承諾料を払い、賃料を安くしてもらう事で合意になり、建物の処分もできました。このように、地主が渋ると言う例はよくありますが、貸借権によると、地主の承諾なしに建物の処分は出来ないとなっていますから、そのために起こるトラブルなのです。 どちらかの妥協が必要になります。

このような時、第三者に入ってもらうと助かります。第三者は借地の問題に長年関わってきたプロですから安心できるでしょう。