地主との関係

たいていの借地権のトラブルは地主との間のものが多いです。昔から、地主と借り手は余り良い仲ではなかったと言うケースも多いようです。

特によく見受けられるのは、借り手が第三者に土地や建物を売りたいと言うとき、地主が承諾してくれないという事です。地主としては、土地を借りてもらったままの方がお金も入るから助かるのでしょう。しかし、借り手の方は今後、ここに住む必要はないから売りたいのです。その場合は、地主を説得となりますが、なかなか地主が納得してくれないと言う事は多いよう。しかし、貸借権がありますから、地主が納得しないといけないということになっています。

第三者そこで、第三者であるこういった借地権の問題のプロである不動産業者に仲介してもらい、承諾料を払う事で地主を説得しました。けっきょく、借地権は、その会社に買い取ってもらうことになり、借り手だった人は、新しい土地で生活を始め、すっきりしたようです。この地主とは、元々相性が悪く、親の代からいろいろ、トラブルはあったのかもしれません。そのような長年の積み重ねもありましたから、地主は納得しなかったのでしょう。そういう場合は、第三者に入ってもらうとうまく解決出来るようです。

地主との関係はこのように難しいものが多いのです。