借地権は2種類ある

借地権借地権には2種類あります。それは、地上権賃借権です。大まかにいいますと、地上権は物件、賃借権は債券となります。それぞれについて、ご説明しましょう。

地上権は、土地を支配できる権利で地主に承諾なく、地上権の登記、第三者への譲渡ができる、地主は登記の協力義務があるというもの、そして、賃借権は、地上権より弱いもので賃借権の登記、第三者への譲渡には地主の承諾が必要というもので地主に登記の協力義務はありませんが、賃貸者が所有の建物を登記することで賃借権を登記したのと同じということになります。現在、借地権といいますと賃借権が一般的です。この権利は地上権よりは弱いものですが、借地借家法や旧借地法の強力な保護がありますので地上権と実質的には変わりません

この借地権には問題があります。まずは、担保価値の問題、次に建物増改築の際の問題、そして、相続税納税問題点です。どういった問題なのかといいますと、まずは担保価値の問題ですが、借地権は債券であるために一部の金融機関は借地権に融資はしないということ、次に建物増改築の際の問題は借地上の建物の増改築は地主の承諾がいるということで承諾料を支払うことにもなっています。そして相続税納税ですが、借地権は債券であっても相続財産として課税評価の対象になるということです。当サイトはこういった問題に関わるトラブルについて、地主との関係について、困ったときにはどうすればいいかについてお伝えします。